A・Bエポマー工法協会は、下水処理施設のコンクリート構造物における防食被覆層 10年保証を確実にするため、 コンクリート劣化の調査・診断技術の普及、コンクリート防食材料の開発、コンクリート防食施工の不具合ゼロを達成する施工管理技術の研究、施工作業者の技能向上及び革新的工法の研究に重点をおいています。

 
  日本下水道事業団の「下水道コンクリート構造物の腐蝕抑制技術及び防食技術指針」の10年保証の義務付けに対し、調査診断・防食施工・維持管理を通じて、確実に対応するため、平成16年6月A・B工法協会と21エポマー会が統合しました。

 

 

複数の調査診断会社・材料会社・施工会社・維持管理会社の技術・経験・技能を共有し、下水処理施設のコンクリート構造物の10年保証に対応します。

 
 


 
  公益社団法人 日本下水道協会       一般社団法人 日本コンクリート防食協会
   
 
A・Bエポマー工法協会 Copyright (C) 2015 All Rights Reserved.